新型ベンツAクラスを安くするノウハウとは?

新車を40万円安くするノウハウ
新型ベンツAクラス(メルセデス)
新型ベンツAクラスレビュー

明確な意図を感じるデザインを持ったベンツの新型Aクラス

なんとなくメルセデスの名を被った印象の旧型Aクラスだったが、新型は「スポーティさ」が明確に表現されたデザインでそこに価値を見出して車格が向上したことで国産と差異化された。 メルセデスシリーズ内イチのおすすめグレードといえるモデルである。

価格 人気グレード 値引き額の目安
284〜420万円 A180 BlueEFFICIENCY 5万円
エコカー減税 燃費
12.8万円 カタログ燃費:15.9km/L、 実燃費:11.95km/L

 

質問値引きはどれくらいですか?

5万円程度かと思います。まだ発売開始から日が浅いですし注目度も高めです。ディーラーとしてもあまり値引きをしなくても販売できるので積極的に値引きは行わないはずです。支払額を減らしたい人は、こちらのサービスを利用してください。

質問輸入車ですけどエコカー減税はありますか?

75%で128,000円の減税が適応されます。

質問旧型との大きな違いはどのようなところですか?

大きく変わったのはデザインです。小さいホイールで上に伸びるボディデザインであった旧型ですが、新型では大きめのホイールに床を下げてかつピラーを滑らかにすることでスポーティな印象を持たせるデザインとなりました。

質問動力性能や燃費性能はどうですか?

エンジンはターボチャージャー付き1.6L。旧型が1.7Lだったので新型はダウンサイジングしたことにより燃費が向上していますが、ターボチャージャー付きなのでエンジン出力は1.8L程度です。安定的な出力を確保し走りの質を担保しています。燃費は15.9km/Lと良い方です。

質問旧型と比較して価格はどうですか?

価格はベースグレードで15万円ほど価格が上昇していますが、車内の質感はもちろん車外の質感・車格は大きく違っており15万円ほどの価格差は納得、それ以上の価格価値を持っているものと思います。

新型ベンツAクラス

質問新型Aクラスの価格帯は?

284万円から420万円です。メルセデスが展開するシリーズ内ではもっとも値段が低いシリーズですが、メルセデスベンツの名に名前負けしない質感を持つタイプで、一番のお買い得グレードであると思います。

質問グレード構成について教えてください。

1.6Lエンジンを搭載する「A180 BlueEFFICIENCY」・「A180 BlueEFFICIENCY Sports」と、2.0Lエンジンを搭載する「A250 SPORT(シュポルト)」があります。パッケージ自体はベースグレードでも十分スポーティですがホイールのデザインやエアロパーツ、エンジンと足回りがグレード別にパーツが用意されています。最上位グレードのA250はエクステリアから走行性能まで満足できるスポーティグレードになっています。

質問詳しいエアロオプションの内容は?

メルセデスベンツでは、メルセデススポーツスタイリングパッケージという純正のアクセサリーを販売しています。内容は、フロントクロームトリム、フロントスポイラーアンダーリップ、フロントグリル、ドアミラー、ルーフスポイラー、リアクロームトリム、リアエプロンなどが装備変更ができます。

質問人気グレードはなんですか?

一番人気はやはりAクラスのアピールポイントである「低価格」で優位なA180 BlueEFFICIENCYです。価格的にメルセデスベンツや輸入車自体が初めてという方が手軽に始められるタイプであると思います。
A250 SPORTもありますが、上位シリーズも視野に入る価格なので同グレードを選択する人は少ないようです。新型ベンツAクラス

質問ライバル車にはどういう車がありますか?

シリーズ内の低価格・コンパクトサイズという位置づけでいうと一番のライバルはBMW1シリーズでしょう。車格はスポーティタイプのAクラスに、落ち着いたタイプの1シリーズと少し違ってはいますが動力性能はFFのAクラスにFRの1シリーズ、排気量も少な目のAクラスに高めの1シリーズとスペックとエクステリアの雰囲気が逆になっているという特徴があります。価格はAクラスのほうが優位ですのでそれぞれメリットデメリットを自分のニーズに当てはめて購入しましょう。

質問どういう人におすすめ?

乗り出し価格が300万円からと国産車とあまり変わらない値段なので手軽に買えるという利点から、初めて輸入車を購入するという人におすすめです。私の経験では輸入車と国産車では雰囲気からアフターケアまで大きく違います。それを体感するのにこの価格は非常にお買い得です。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくして新型ベンツAクラスを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけで新型ベンツAクラスのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよく新型ベンツAクラスに乗り換えられますしね。

   

旧型から大幅にデザイン志向が変わった。ファミリーニーズに合わせて実用性第一、質感・デザイン第二の優先度であった旧型であったが新型を見てデザインの変更点があまりにも大きくAクラスかどうか目を疑ったほどである。 ホイールがインチアップして最低地上高を大幅に下げてスポーツカー並みに、全高も一般男性の肩の少し下くらいの高さに収まりスポーティになった。ダウンサイジングにより燃費向上しながらもターボで出力はアップしている。 ただし価格はベースグレードで15万円ほど上昇している。それも洗練されたデザインを考えれば納得の価格差であると言えるだろう。

新車を40万円安くするノウハウ